スマートフォン版へ

【神戸新聞杯予想】実はJRAで屈指の差し超有利条件である中京芝2200mコース

  • 2021年09月22日(水) 18時00分

同コースで行われた重賞レース(20神戸新聞杯・21日経新春杯・21京都新聞杯)は全て差し追い込み有利決着に


 京都競馬場の改修工事に伴う開催日程の変更のため、昨年に引き続き中京競馬場の芝2200mコースで施行される神戸新聞杯。

 この中京芝2200mコースの最大のポイントとしては、JRAの中でも屈指の差し超有利条件という点にあります。

 恐らく年中競馬に浸かっている皆さまの中でもそういうイメージを持たれている方は多くないかと思いますが、それもそのはずで同コース条件は極端に少頭数立てのレースが多いために(※2021年に同コースで施行された28レース中14レースは10頭立て以下)、それで現実には早々に隊列が決まって道中もゆったりと流れるという極端に“ヌルい”レースになりがちで、その結果として単調な前有利決着が目立つということが起きています。ただし、それは本質的なコースの特性を表しているとは言えないでしょう。

 そうではなく、キチンと頭数が揃ったレースや重賞レースなど最低限“ヌルい”レースにならない局面では、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ライブドア競馬ブログアクセスランキングで1万ブログ中1位に輝いた実績もある人気ブロガー。独自レースレベル判定にもとづき、世間で過小評価されている“妙味馬”を見つけることに定評あり。すべてのレースの映像をチェックし、配当妙味のある馬を狙うという予想スタイル。各馬固有(厩舎や騎手など人も含む)のプロファイリングポイントに基づいた、激走タイミングにある狙い馬を発掘。馬券に役立つ情報を提供していきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング