スマートフォン版へ

感情を封印した「この5年」、そして新たな境地へ──【In the brain】

  • 2021年04月10日(土) 12時00分
今週のface

▲記念すべき初回コラム、他では語られない川田騎手の胸の内に迫る (撮影:桂伸也)


川田将雅騎手の新連載『VOICE』が本日よりスタートします。読者の皆様、改めましてこれからよろしくお願いいたします。

このコラムは隔週の掲載となります。毎回テーマを設けて川田騎手の脳内を紐解いていく「In the brain」と、レース回顧やその月にあった話題をお届けする「月刊 川田将雅」、この2本がメインテーマ。

記念すべき初回は「In the brain」です。この5年、感情を封印し、強い責任感を持って仕事と向き合ってきた川田騎手。しかし、突きつけられた現実で、自分自身が変化することを決意しました。その胸の内に迫ります。

(取材・構成=不破由妃子)

トップに辿り着くために、必要なものは何か


 あるとき、レースやレース後のインタビューなど、自分の過去の映像を大量に見直す機会がありました。昔の映像から順に現在まで見ていくなかで、ふとあることに気づいたんです。

「俺、30歳を境に、まったく笑わなくなってるな」

 その変化は実に顕著で、そこには険しい表情のまま、早口で淡々と機械的に喋っている自分がいました。

 30歳の年といえば、2016年。マカヒキでダービーを勝たせてもらった年です。前年には、約1年半にわたり一緒に戦ってきたハープスターが引退。ダービーを勝たせてもらった意義はもちろん大きなものでしたが、僕にとっては、とにかくハープスターの存在が大きかった。

今週のface

▲川田騎手にとって大きな存在だったハープスター (桜花賞優勝時、(C)netkeiba.com)


今週のface

 20代前半の頃は、レースを勝つことがうれしくて、重賞を勝つことがうれしくて、自分のなかから素直に喜びが湧き上がってきました。でも、有力馬への騎乗が増えるにつれて責任もどんどん重くなり、仕事との向き合い方も変わっていき…。

 気づいたときには、感情の大部分を“責任感”が占め、自分の喜びよりも、その馬を勝たせることが何より大事で、勝ってその馬に携わる方たちが喜ぶ姿を見てホッとする。いつしかそれがすべてになっていきました。

 きっかけは、やはりハープスターという馬に出会ったこと。ハープの引退後は、よりそういった思いが強くなり、その結果、笑うことがなくなっていったんだと思います。以来5年間、たくさんの人から指摘を受けました。それ以前から、「目つきが悪い」とか「態度が悪い」とかは言われ慣れていましたけどね(笑)。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1985年10月15日、佐賀県生まれ。曾祖父、祖父、父、伯父が調教師という競馬一家。2004年にデビュー。同期は藤岡佑介、津村明秀、吉田隼人ら。2008年にキャプテントゥーレで皐月賞を勝利し、GI及びクラシック競走初制覇を飾る。2016年にマカヒキで日本ダービーを勝利し、ダービージョッキーとなると共に史上8人目のクラシック競走完全制覇を達成。

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング