スマートフォン版へ

実年齢より若く見られる小牧騎手に、ついにあの“老化現象”が!?

  • 2020年03月31日(火) 18時01分
太論

▲若さを保つ秘訣を答えて下さいました!


今週の『太論』は、ユーザーからの質問3連発。「若さを保つ秘訣は?」という質問に対し、最近目に見えてきたという、ある“老化現象”を大暴露!? さらに、ハンメルフェストについてアドバイスを送ったという四位洋文調教師との秘話を明かしてくれました。(取材・文:不破由妃子)

だいぶスマホを使いこなせるようになったわ(笑)


──今回の『太論』はこんな質問から。「JRAのジョッキーは、みなさん実際の年齢より若く見える気がします。小牧騎手が50歳を過ぎているなんて信じられません。若さを保つため、あるいは若く見えるために、何か気を付けていることはありますか? 秘訣を教えてください!」

小牧 秘訣なんて何もないよ。そうやなぁ、悩みがないことかな(笑)。

──そんなわけはない(笑)。

小牧 まずは、若い子と一緒にいるからでしょう。だって、周りは自分の子供と同じ年代の子ばっかりやもん。そういう子たちと同じ目線でしゃべってるわけやからね。向こうも対等に接してくるし、僕もなんとも思わんし。年齢が20以上離れていたとしても、気持ちは一緒やから。

──気持ちもそうですが、何よりみなさん見た目が若いですよね。

小牧 僕ね、ここにきて白髪がちらほら出始めた(苦笑)。やっと出てきたかぁって感じやわ。気になったときは、娘に頼んで切ってもらったりしてる。でも、白髪染めはまだしてないよ。なんせ地毛が真っ黒やから、重く見えんように少し明るく染めているけど。気を遣ってるのはそれくらいかなぁ。相変わらず、顔に塗るクリームを髪の毛にも塗ってるし(笑)。

──以前それを聞いて笑っちゃいましたが、今でも変わらないんですね(笑)。でも、ちゃんとスキンケアをしているあたりは、若さを保つ秘訣だったり?

小牧 常にクリームは塗ってるね。もう必需品。嫌なんですわ、乾燥しているのが。レースのあと、顔を洗うでしょ? そうしたら、顔と手には必ず“はとむぎ”のクリームを付けてます。で、手に残ったクリームを、そのまま頭に…。

──なるほど。一連の流れが見えました(笑)。あと、服装で気を付けていることはありますか? 年齢を重ねると難しくなってくるところでもあると思うんですが。

小牧 僕ね、服装はすごく気にしてる。出掛けてから、「ちょっとダサかったかな」とか思うと、すぐに脱ぎたくなるねん。結局ね、同じ服ばっかり着てしまうんやけど。

──わかります。自分で買いに行かれてるんですか?

小牧 いや、嫁さんが買ってきてくれます。僕の好みをわかってるからね。最近知ったんやけど、僕の服は『Theory』っていうブランドが多いわ。シンプルでいいねん。でもね、最近のジョッキーはみんなオシャレやで。変な格好してるヤツなんておらへんよ。

──続いては、新型コロナウイルス関連のこんな質問です。「コロナにまつわるデマによって、トイレットペーパーや納豆がスーパーから消えた瞬間がありました。まったく人間という生き物は…と情けなくなってしまいましたが、小牧騎手はこういう現象についてどう思いますか?」

小牧 ちょっとそういうのはおかしいよね。言うまでもないけど、買い占めるからなくなるねん。ウチも困った時期があって、嫁さんが「やっとトイレットペーパー買えたわ!」って喜んで帰ってきた日があったな。とにかく今は、デマがたくさん飛んでますやん。こんな世の中やからね、ちゃんと見極めんと。

──小牧さんも、日々ニュースはチェックされてますか?

小牧 うん。だいぶスマホを使いこなせるようになったからね(笑)。ニュースも見てるし、いろいろ調べものをしてますわ。

──では、最後の質問です。「四位騎手最後の勝利となったハンメルフェストですが、レース前、それまで乗っていた小牧騎手がアドバイスをされたそうですね。どんなアドバイスをされたんですか? レース後、四位騎手とは話をしましたか?」

小牧 「跳びは大きいけど、あんまり外を回らんほうがいいよ。息を入れて乗ったほうがいいよ」って言いました。実際、最後まで中に入れとったもんね、四位くんも。

──レース後はどんな会話を?

小牧 「外を回っていたら、やっぱり届いてなかった」って言うとった。僕が「まだ20年は乗れるわ!」って言うたら、笑っとったわ。

太論

「こんな世の中やからね、(デマについて)ちゃんと見極めんと」

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング