スマートフォン版へ

惜敗レースを振り返って「…けど、悲観も焦りもないよ」

  • 2020年02月18日(火) 18時01分
太論

▲エイシンヨッシーについて「行き過ぎてしまったなぁ」と振り返る


今週の『太論』は、1月中旬以降のレース回顧です。エイシンヨッシー、ワンダーコンパス、ニホンピロスクーロなどなど惜敗も多々…。「なかなか勝てんねぇ」ともどかしさを滲ませつつ、それぞれのレースをしっかり振り返り、次走以降に向けた前向きな展望を語ってくれました。(取材・文:不破由妃子)

助手さんや厩務員さんの笑顔で「もっと頑張ろう!」


──今回は、1月中旬以降のレース回顧をと思っているのですが、エイシンヨッシー(1月18日・京都8R・2勝クラス4着)、ワンダーコンパス(1月19日・京都3R・3歳未勝利5着)、ニホンピロスクーロ(2月2日・小倉1R・3歳未勝利4着)などなど、もう一歩の競馬が続いていますね。

小牧 なかなか勝てんねぇ。でも、どの馬に対しても悲観してないよ。僕自身も焦ってないし。

──エイシンヨッシーやワンダーコンパスは、前走に比べてレースぶりに進境がありましたものね。

小牧 そうやね。この前のエイシンヨッシーは、結果的にちょっと行き過ぎてしまったなぁ。もうちょっとゆっくり乗ったほうがいいタイプかもしれん。中京の1勝クラスは横綱相撲で勝てたけど、やっぱり2勝クラスの中央場所となるとそうはいかん。ただ、このクラスで通用するのはわかっているから、あとはメンバーと展開次第やね。

──ワンダーコンパスは今回、1800mから1400mに距離を短縮してきて、前走より差を詰めてきましたね。

小牧 うん、やっぱり1400mのほうがいいね。この前は初めての1400mでちょっとモタモタしてしまったけど、ペースに慣れてくればやれそうや。エイシンヨッシーもワンダーコンパスも放牧に出ましたわ。どっちもチャンスのある馬なので、リフレッシュして仕切り直しやね。

──続いては、ニホンピロスクーロ。狙いすました小倉遠征でしたが、ゲートでアクシデントがあったそうですね。

小牧 そうそう、ゲートで立ち上がった瞬間、上のパイプに顔をぶつけてしまって。あれは痛かったやろうなぁ。可哀想やった。

──上に伸び上がってしまったということですか?

小牧 伸び上がったというより、上にドーンと突っ込んでいって。中間は一生懸命ゲート練習してるけど、ちょっと苦しがってるのかもしれんねぇ。

──レースぶりにも影響が?

小牧 うん、あったと思う。小倉のダート1700mは絶対にいいと思っていたから、アクシデントがあってガックリしてしまったわ。それに、あのときに限ってメンバーが強いし(苦笑)。結果論やけど、最近は京都のほうがメンバー的に楽やったねぇ。とはいえ、ゲートのこともあったし、前回のレースは度外視や。もう一回、小倉の1700mを使うから、改めて期待したいね。

──小倉の最終週ですか?

小牧 そうやね。この馬と、あとは笹田厩舎のドルチェリアも使う予定。一週前に追い切ったけど、いい感じやったよ。坂路でビッシリ行って51秒で動いた。

──中央場所でも確実に掲示板に載ってくる馬だけに楽しみですね。人気しそうですし。

小牧 うん、楽しみやね。最近は人気馬に乗ることが少なくなってるからねぇ。昔は「なんでこんなに人気するのかなぁ」と思うことが多かったけど、最近はパドックでパッとオッズを見ると、単勝で100倍ついてたりするから(笑)。

──そういう馬であっても、しっかり着に持ってくるのが最近の小牧さん。ジョッキーにとって1着がすべてなのはわかっていますが、関係者にとっては大事なことですよね。人気を問わず、ここ1カ月の8着以内率は70%を超えていますから。

小牧 それはもちろん大事なことなんやけど、やっぱり僕らジョッキーは、勝つことでアピールしていく仕事やから。ただ、助手さんとか厩務員さんは(8着以内にくると)喜んでくれてるよ。そういう姿を見ると、もっと頑張ろうと思えるのは確かやね。そうやって僕なりにね、頑張ってるんです(笑)。もちろん、人気があろうとなかろうと、ファンに貢献するのが一番なんやけどね。なにしろ今、すごく体調がいい。こんなに体調良く乗り続けられているのは久しぶりやし。

──そうなんですね。確かに最近、「○○が痛い」という話を聞いていないような。なによりです。

小牧 充実してるわ。酒もたっぷり飲んでね。飲み過ぎが逆にいいんかな。最近は日曜、月曜、火曜と、ホンマに暴れてるからね(笑)。

太論

「僕なりにね、頑張ってるんです(笑)」

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング