スマートフォン版へ

「次がホンマに楽しみ」11番人気で波乱演出&ジョッキーのトイレ事情

  • 2021年06月15日(火) 18時01分
日曜日の中京3Rでは、11番人気のメイショウヤマツミで逃げ粘って波乱を演出した小牧騎手。「いいスピードを持っている」と確かな手応えを得たようで、また次が楽しみな馬が登場しました。9R・恵那特別のショウブは本来の力を発揮できませんでしたが、「あの馬は走る!」と能力に太鼓判。今週もじっくりとレースを振り返りつつ、質問コーナーでは、びっくりエピソードも!?(取材・文:不破由妃子)

※このインタビューは電話取材で実施しました。

大穴演出メイショウヤマツミ「チャンスはすぐ!」


──日曜日は、最初のレースから見せ場十分でしたね(中京3R・3歳未勝利・ダ1400m・メイショウヤマツミ11番人気2着)。

小牧 惜しかったねぇ、あれは。3〜4コーナーでは勝ったと思ったけどね。ちょっと相手が悪かった。

──これまで後ろから行っていた馬ですが、今回はハナに。

小牧 前回、2000mでも後方から行っていた馬やったから、僕自身、まさかハナに行けるとは思ってなかったんやけどね。

──そうでしたか。てっきり狙って取りにいったのかと思っていました。

小牧 いやいや、出たとこですわ。スタートしたら飛び出していって、パッと周りを見たら半馬身抜けていてね。それで思い直して行ったんですわ。もともと追い切りで上がり12秒1で動いていたから、スピードはあるんやなとは思ってた。なのに、なんでレースにいったら走らんのやろうって考えてたんですけどね。やっぱりいいスピードを持ってましたわ。たぶん、砂を被ったり馬込みがダメなんでしょう。外目の2番手とかでもいいやろうし、この馬はすぐにチャンスが回ってくると思うよ。厩舎サイドには、距離を延ばしてみてもいいんじゃないかって言うたんです。

──「もっと距離があったほうが」というのは、どういった感触からですか?

小牧 この前は、行く馬がいなかったから行けたんかなと思ってね。でも、1400mであれだけ行ければ、1800mとかならもっと楽に行けるでしょ。次がホンマに楽しみですわ。

──今回は4カ月ぶりの実戦でしたからね。ひと叩きしてさらに。

小牧 うん。すごくいい馬です。また楽しみな馬が1頭できたね。先週はショウブ(中京9R・恵那特別・ダ1200m・3番人気7着)も楽しみにしてたんやけど、ゲートのタイミングが合わなくて。ちょっと遅れたことで、横の馬と接触してしまってね。それで躓いてしまった。悪いことしたわ。普通に出ていたら、ハナか2番手に行けたやろうし、勝ち負けになっていたかもしれない。本当に申し訳ないことをした。最低限、着は拾わなければと思って、必死に乗ってきました。

──7着ではありましたが、最後の脚を見て、能力の高そうな馬だなと思いました。

小牧 そう、走る。乗り味はすごくいいです。次も乗せてくれたらいいんやけど…。乗せてもらえることを祈ってます。

──勝つイメージがしっかりできていそうですね。

小牧 できてます。能力は十分やからね。あと、先週はクリノドラゴンがちょっと残念でした(中京8R・3歳上1勝クラス・ダ1900m・7番人気8着)。ジッとしていた割には、ひと脚も使えんかった。前回はいい脚を使ってくれたんやけどね。ちょっと疲れがあったのか…。

──ダイシンインディーは10着(中京11R・三宮S・ダ1800m・16番人気)。とはいえ、スーッとマクっていったあたりは見応え十分でした。

小牧 結果は残念やったけど、久しぶりにああいう競馬ができたからか、戸田先生も喜んでくれてた。ペースがあれだけ落ちたらね、ジッとしているほうがおかしいから。逃げてる馬(1着サンライズホープ)は強いなと思ったから、とりあえず2番手で自分も息を入れてと思ってね。

──マクリ切るかどうか、迷った結果の2番手ではなかったんですね。

小牧 うん。もともと2番手で止めようと思ってた。4コーナーまではけっこう楽な手応えやったし、いい競馬はできたと思うけど、最後はちょっと止まってしまったね。「なんとかひとつでも上に」と思って乗ったんやけど、残念でした。ただ、「機会があったらまた頼むわ」と言ってもらったので、チャンスをもらえるならもっといいところを見せたいね。

──では、最後に質問をひとつ。「騎手の方たちは、レース中に顔が痒くなったりくしゃみが出たりしないのですか? あと、パドックからレースまでけっこう時間がありますが、トイレに行きたくなったりしないのですか? くだらない質問ですみません…」

小牧 腹が痛くなることはあるけどね。不思議とゲートに入ったら忘れる。やっぱり緊張感が忘れさせてくれるんやろうね。レース中はなおさらや。レース前にくしゃみをしていたとしても、レース中は止まる。だから、レース中にそういうことで困ったことは、僕はないね。

──やっぱりそうですよね。私たちには想像できないほどの集中力でしょうから。

小牧 あ、ゴール前でオナラをすることはあるよ(笑)。

──えーーー!

小牧 ゴール前は踏ん張るから、それは本当にあるよ。後ろの騎手をオナラで撃退する作戦や。それで最低でも10勝はしてるんちゃうかな。嘘やけど(笑)。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング