スマートフォン版へ

【未来予想】2019年の競馬界に起こるであろう出来事を、須田鷹雄が大予想!

  • 2018年12月29日(土) 18時01分
ノンフィクションファイル

▲2018年9月29日にJRA通算4000勝を達成した武豊騎手 (C)netkeiba.com


2018年の中央競馬の全日程が終了。2018年の競馬界は、C.ルメール騎手が2年連続のリーディング、武豊騎手が前人未踏のJRA通算4000勝達成、藤田菜七子騎手がJRA女性最多勝記録更新など、様々な出来事がありました。はたして、2019年の競馬界にはどんなことが起こるのか? 須田鷹雄さんに大予想していただきます。

(文=須田鷹雄)


 2018年の競馬と2019年の競馬。1年違うだけで両者の姿がガラリと変わってしまうということはさすがに考えづらい。2018年までに起きている事象が変化したり、深度化すると考えて予想するのがよいかと思う。

【未来予想・1】さらなる初顔外国人騎手に注目


 2018年はオーストラリアからブレントン・アヴドゥラ騎手、イギリスからオイシン・マーフィー騎手が初来日を果たした。

 アヴドゥラ騎手は夏と暮れの来日期間で合わせて18勝。マーフィー騎手は来日2週目終了時点で6勝をあげている。アヴドゥラ騎手のほうは馬券上の回収率も単複ともに100%を超えていたので、ファンの皆さんにも喜んでいただけたのではないかと思う。

ノンフィクションファイル

▲JRA初勝利を挙げたオイシン・マーフィー騎手 (撮影:下野雄規)


ノンフィクションファイル

▲英を主戦場に、独、仏、ドバイ、香港などでも活躍している (撮影:下野雄規)


 ご存知のように、JRAにおける短期免許の取得要件は2017年からかなり厳しくなった。それにより来日する人数が減るかと思いきや、それほど変わらない一方で濃度が増した感触がある。なんというか、「呼ぶ側の本気」がこのところ尋常でない。

 権利を持っていて未来日というジョッキーはまだいるので、2019年はまた新顔が来てレースを盛り上げてくれるのではないかと予想する。ボウマン、アヴドゥラ、かつてのクレイグを見ると豪州騎手は日本に合う確率が高そう。個人的にはヴィクトリア州から1人来てほしい。

 あまり外国人騎手が増えると日本人騎手の育成に差し障るという意見もあるだろうが、平地勝利数に占める外国人騎手(ミルコとルメール含む)の割合は18年が有馬記念までで16.1%。17年は14.6%。短期免許騎手だけでは合わせて120勝前後なので、それによって日本人若手のチャンスが著しく阻害されるというわけではない。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング