スマートフォン版へ

【初来日から20年】「親日家ミルコ・デムーロ」の原点(4)『寝ても覚めても競馬がすべて 熱情的ミルコが語る今年の戦い方』

  • 2019年03月10日(日) 18時02分
ノンフィクションファイル

▲「寝ても覚めても競馬がすべて」のミルコが語る今年の戦い方


2015年に外国人として初めてJRAの通年免許を取得したミルコ・デムーロ騎手、初来日したのは20年前の1999年でした。スペシャルウィークのジャパンCを現地観戦し、その翌月には小倉で騎乗。それ以来、毎年欠かさず日本での騎乗を続けてきました。このインタビューは「ミルコ騎手と日本」の関係に改めて迫る企画です(全4回)。

「僕は調子の波が激しすぎる。フラットになりたい」と常々語っているミルコ騎手。去年もすごくフラストレーションがたまったそうで…。しかしそれは、競馬に対して真っ直ぐ取り組んでいる証。「寝ても覚めても競馬がすべて」のミルコ騎手が、「2019年の戦い方」を語ります。

(取材・文=不破由妃子)


一番大事なのはGIを勝つこと


──以前、『with佑』にご出演いただいたとき「僕は調子の波が激しすぎる。フラットになりたい」とおっしゃっていましたね。最近はいかがですか?

ミルコ 全然変わらない(苦笑)。去年もすごくフラストレーションがたまりました。前半はすごく順調で、裁決に呼ばれることも少なくて。勝ち星も4月まではリーディングだったのに、夏あたりから全然勝てなくなった。9月には騎乗停止もあって…。

 12月はたくさん勝てたけど、1年を通して考えると、やっぱり大きな波がありました。(こういう性分は)ホントに嫌ですね。

ノンフィクションファイル

▲2017年2月に「with 佑」で藤岡佑介騎手と対談


──“気持ち”に左右される部分が大きいということですか?

ミルコ ん〜、僕自身もちょっとまだわかっていません。なんで失敗するのか、なんで勝てなくなるのか…。そんな自分にいつもイライラしてますね。日本の競馬は1週間空くでしょ? 僕にとって、それがよくない。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング