スマートフォン版へ

初のGI騎乗を終えて…「ソールインパクトの長所を引き出せず本当に悔しい」/コーフィールドC回顧

  • 2018年11月01日(木) 18時01分

五角形のような特殊な競馬場をどう攻略するか


 こんにちは。坂井瑠星です。

 今回は10月20日に行われたコーフィールドカップについて書きたいと思います。

 まずはレースの4日前に行われた枠順抽選会の話から。今年のコーフィールドカップの枠順抽選方法は、まず現地の代表者がランダムにボックスから馬名が書いてある紙を引き、呼ばれたらその馬の代表者が前に出て、裏に枠順が書かれている小さなカップを選ぶというシステムでした。

 コーフィールドカップは18頭立てですが、オーストラリアのルールである補欠馬(2頭)も含めた枠順抽選会でした。

 馬名がどんどん呼ばれていき、みんなが欲しい内枠がなぜか埋まっていきます。この時点で少し嫌な予感はしましたが、名前が呼ばれるのをドキドキしながら待っていました。正確には覚えていませんが、10番目くらいでまずはチェスナットコートが呼ばれました。チェスナットコートの代表者は、矢作厩舎の助手の岡さんです。

挑戦者

▲枠順抽選会の様子


 引き当てた枠は、真ん中より少し外の13番でした。脚質的に、「あまり内過ぎるのは嫌だな」という話をしていたので、みんなホッとしていました。

 その後も何頭か名前が呼ばれ、15番目くらいにようやくソールインパクトの名前が呼ばれました。ソールインパクトの代表者は戸田先生です。

 祈るような気持ちで見ていましたが、引いた枠はなんと大外の20番。「内々をロスなく運びたいね」という話をしていたので、できるだけ内枠が欲しいところでしたが、この枠に決まったからには、腹をくくって乗るしかありません。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1997年5月31日、東京都生まれ。父・坂井英光は大井競馬所属の騎手、叔父も元騎手の坂井薫人という競馬一家。同期には荻野極、木幡巧也、藤田菜七子らがいる。2016年に栗東・矢作芳人厩舎でデビュー。1年目は25勝、2年目は36勝を挙げる活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング