スマートフォン版へ

枠順がレース結果に影響を及ぼしてくる/有馬記念

  • 2018年12月18日(火) 12時00分

位置を取る馬がどの枠順になるのだろうか


 有馬記念は競馬ファンだけでなく一般社会の注目も高いレース。我々も早い時期からいろいろなメディアで予想を披露する機会があり、そのぶん早めに予想の方向性を決めなければならない面がある。

 早出しとはいえ一度出した予想を最後ガラっと変えてしまうと当たってもハズレても後味が悪いことになるので、私はなるべく重いシルシの馬を入れ替えないように心掛けている。これは有馬記念に限らず常にそうしているのだが、有馬記念については枠順の要素が大きいので、ひょっとすると最後の最後で予想を変える可能性もある。

 ちょっとサンプルを多めに、過去10年を対象にしてみよう。枠番でいう1枠2枠に入った馬は[7-7-5-47]。勝率10.8%・複勝率28.8%は全馬平均の6.7%・20.1%を大きく上回る。さらに07年9番人気1着のマツリダゴッホや01年13番人気2着のアメリカンボスがこのグループから出たこともあり、回収率は単138%・複129%と高い。

 位置を取るタイプの馬にとってはさらに枠順は重要なものになる。1コーナー5番手以内だった馬だけを対象に枠番別成績を取ると、1ー2枠馬は[5-4-4-21]で勝率14.7%・複勝率38.2%。回収率も単215%・複197%だ。

 反対に7ー8枠から1コーナー5番手以内に取りついた馬は、[1-0-0-26]。08年のダイワスカーレット以外は全滅だ。同馬は1番人気だったが、他に1ー5番人気の該当馬が6頭いて馬券に絡めていない。

 これを前走位置別成績で見ても同様で、前走コーナーが4つ以上あるコースに出走し1コーナーを4番手以内で回った馬は、有馬記念で内半分の枠に入ればよいのだが、7ー8枠に入ると[1-1-0-19]。前述のダイワスカーレットと、00年2番人気2着のメイショウドトウ以外は馬券に絡んでいない。

 今年の有馬記念は天皇賞秋、ジャパンカップと展開を演出してきたキセキが出走するほか、異色の挑戦として注目されるオジュウチョウサンも逃げを狙ってくる可能性がある。また、先行馬というタイプではないがモズカッチャンやミッキーロケットも「前走1コーナー5番手以内」には該当する。

 キセキがどの枠を引くかはその能力からもかなり重要な問題で、さらにオジュウチョウサンとの道中アトサキがどうなるかも、レースの結果に影響を及ぼしてくる可能性がある。木曜の枠順抽選を楽しみに待ちたい。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング