スマートフォン版へ

アルフレード手塚師「間違いなく体調はいい」/新潟記念

  • 2015年09月01日(火) 15時30分
 2歳チャンピオンが復活の時を迎えた。アルフレードは今季、重賞で(2)(3)(5)着と好走。前走の七夕賞は小回りを意識した競馬で伸びを欠いたものの、しっかりと掲示板を確保。復調ムードは明らかだ。1週前追い切りは美浦Wで6F78秒4-12秒7(馬なり)。馬なりのままアジアエクスプレス(古馬OP)を圧倒する出色の内容で時計、動きともに文句のつけようがない。「いい併せ馬ができた。間違いなく体調はいい。今回は折り合いに専念する形かもしれないが、新潟は歓迎。直線で外に出して追い込みたい」と手塚師も出来の良さを確認。11年暮れの朝日杯FS以来の勝利は、もう目の前だ。

 パッションダンスは一昨年の新潟大賞典で重賞初制覇。以後、馬券圏内には入れていないが、重賞で小差の競馬が続く。「年齢的に上積みは望めないが、前走後も好調をキープ。叩き2走目で息の入りは違ってくると思う」と平間助手。1週前追い切りは栗東坂路で4F54秒7-12秒6(一杯)。リラックスした走りで、急仕上げ気味だった前走から確実に上昇している。「コースや距離を問わず、どんな条件でも自分の競馬ができる馬。うまく流れが向けばチャンスはある」。小倉記念は最内枠で窮屈な競馬を強いられただけに、広い新潟で巻き返しを狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す