スマートフォン版へ

ラブリーデイ完勝! 今年重賞6勝&GI・2勝目!/天皇賞・秋

  • 2015年11月01日(日) 21時00分
 1日、東京競馬場で天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)が行われ、好位でレースを進めた浜中俊騎手騎乗の1番人気ラブリーデイ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で先行各馬を交わして抜け出し、外から追い込んできた10番人気ステファノス(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒4(良)。

 さらに3/4馬身差の3着は、6番人気イスラボニータ(牡4、美浦・栗田博憲厩舎)と5番人気ショウナンパンドラ(牝4、栗東・高野友和厩舎)の際どい争いとなったが、イスラボニータに軍配が上がった。ハナ差でショウナンパンドラが4着。なお、3番人気ディサイファ(牡6、美浦・小島太厩舎)は8着、2番人気エイシンヒカリ(牡4、栗東・坂口正則厩舎)は9着に終わった。

 勝ったラブリーデイは、父キングカメハメハ母ポップコーンジャズその父ダンスインザダークという血統。これで中山金杯京都記念鳴尾記念宝塚記念京都大賞典、本レースと今年だけで重賞を6勝。3000m級のレース以外では負け無しという圧倒的な強さで2つ目のGIタイトルを獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
ラブリーデイ(牡5)
騎手:浜中俊
厩舎:栗東・池江泰寿
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:ノーザンファーム
通算成績:25戦9勝(重賞6勝)
主な勝ち鞍:2015年宝塚記念(GI)

浜中俊騎手のコメント】
 (騎乗停止の川田騎手からの乗り替わりで)まさか天皇賞で本命になるような馬に乗るとは思っていなかったので、プレッシャーはありましたが、楽しみにもしていました。
 (レースは)強い馬が前に行くだろうと思っていましたので、それを見る形で思ったとおりに進められました。向正面に入って少し抑えるのに苦労しましたが、それだけ有り余るエネルギーがあったんだと思います。直線ではいいスペースが空きましたので、迷わずそこに誘導しました。急遽こういう形で騎乗させていただいて、その責任を果たすことができてホッとしています。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す