スマートフォン版へ

ショウナンパンドラがV、鞍上池添は「一生懸命に追った」/ジャパンC

  • 2015年11月30日(月) 12時00分
 史上7頭目の牝馬戴冠!「第35回ジャパンC・GI」(芝2400m)は29日、東京11Rに18頭で争われ、4番人気のショウナンパンドラ(栗東・高野)が2分24秒7のタイムでGI2勝目を挙げた。道中は中団を追走。直線では馬場の真ん中から脚を伸ばし、1番人気のラブリーデイ、7番人気のラストインパクトをゴール前で差し切った。首差の2着は内を突いて伸びたラストインパクトラブリーデイはいったん先頭に立ったものの、さらに首差の3着だった。なお、GI7勝目を狙った2番人気のゴールドシップは10着に敗れた。

 秋盾では不利な外枠を克服することができず4着。悔しい思いをした。そして今回も前走と同じ7枠(15)番。「競馬の神様に“うまく乗れるのか?”と試されている気がした。同じミスはできないと思った」と池添。馬群が密集した直線はぶつけられる場面も。「“届け!”“何とかかわしてくれ!”と一生懸命に追った」。根性娘はひるまず、国内最高賞金を誇るビッグレースを制した。

 今後はジャパンCを制した名牝たちと同様に海外遠征も期待される。高野師は「選択肢のひとつではある」と明言は避けたが、ディープインパクト産駒の4歳牝馬に託された夢は広がるばかりだ。まず次のターゲットは、国本オーナーが参戦に前向きな有馬記念(12月27日・中山、芝2500m)。年度代表馬の座も視野に入れた新女王が、暮れの大一番へ向けて勢いをさらに加速させていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す