スマートフォン版へ

重賞連勝のヤマカツエースに池添兼師「この先は少し距離を延ばして行けたら」/中山金杯

  • 2016年01月06日(水) 12時00分
 明け4歳の有望株が最高のスタートを切った。「第65回中山金杯・GIII」(芝2000m)は5日、中山11Rに13頭(ベルーフは競走除外)で争われ、3番人気のヤマカツエース(栗東・池添兼)が、昨年の福島記念に続く重賞連勝。今年の古馬中距離路線の主役候補に名乗りを上げた。5番人気のマイネルフロストが後続を離して大逃げを打つ展開を道中は5番手で折り合い、3角から徐々にポジションをアップ。直線入り口で前を射程圏に入れ、池添の右ムチが一発入ると鋭進。粘り込みを図るマイネルフロスト(2着)をゴール前でねじ伏せるように差し切り、3/4馬身差をつけてフィニッシュした。勝ちタイムは2分1秒2。2着から3/4馬身差の3着には1番人気のフルーキーが入った。

 池添は昨年、ウインフルブルーム京都金杯を制した。「今年もめでたい金杯を勝つことができ、いいスタートが切れました。気分いいですね」と満面の笑み。「仕掛けが良かったと思うし、しっかり伸びてくれました」と完勝劇に大満足の様子だ。

 前走から斤量が2キロ増えても全く問題にしなかった。折り合いも完璧なうえに正攻法の競馬で勝ったのだから文句なしだ。確かな成長を証明した一戦といえる。

 池添兼師は「2キロ増もあっさり克服してくれた。尻の周りの肉がだいぶしっかりしてきた。この先は少し距離を延ばして行けたらと思う」と愛馬を頼もしげに見やった。

 次走は未定だが、京都記念(2月14日・京都、芝2200m)も視野に入れて調整する。昨年、中山の開幕重賞を制したラブリーデイはその後、GI2勝と大きな飛躍を遂げた。同じキングカメハメハ産駒のエースも後に続く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す