スマートフォン版へ

【WBレースホースランキング】〜米3冠のアメリカンファラオがトップ、日本から過去最高の43頭が掲載

  • 2016年01月20日(水) 18時07分
 2015年のレースに出走した馬を対象とした「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が国際ハンデキャッパー会議で決定され、IFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。115ポンド以上の評価を得た馬が掲載され、日本からはアメリカ(63頭)、イギリス(52頭)に続く3位となる43頭がランクインした。日本馬の頭数としては2012年の35頭を上回り、過去最高となった。

 トップは37年ぶりのアメリカ3冠馬となったアメリカンファラオ。引退レースのブリーダーズカップクラシック(アメリカ)を圧勝し133ポンドを得ていたが、再度検討された結果1ポンド上乗せとなり、134ポンドの評価となった。アメリカ調教馬のトップは2008年のカーリン(130ポンド)以来。2位は英ダービー凱旋門賞(フランス)を勝ったゴールデンホーン(イギリス)で130ポンド。3位はシェアドビリーフ(アメリカ)、トレヴ(フランス)で126ポンド。

 日本勢では香港カップを勝ったエイシンヒカリが123ポンドで8位タイとなったほか、27位タイ(121ポンド)にGI・3勝のモーリス、GI・2勝のラブリーデイ、クラシック2冠のドゥラメンテの3頭が入った。昨年引退したゴールドシップは42位タイ(120ポンド)、有馬記念を制したゴールドアクタージャパンカップ2着のラストインパクトは59位タイ(119ポンド)。

(JRAからのリリースによる)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す