スマートフォン版へ

ビッグアーサーの巻き返し&重賞初Vなるか/シルクロードSの見どころ

  • 2016年01月25日(月) 12時00分
 今年のシルクロードSは好メンバーが揃ったが、やはり人気の中心となるのはビッグアーサーだろう。これまで重賞では2・2・3着と勝ち切れなかったが、今度こそ勝ち星を掴むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/31(日) シルクロードS(4歳上・GIII・京都芝1200m)

 ビッグアーサー(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)は前走の阪神Cで3着。直線ではスムーズに内を抜けられたが、最後は少し脚が上がっていたあたり、やはり1400mは長いのだろう。1200mの重賞でも続けて2着に敗れているが、GI出走を確実にするためにも今回は負けられない。M.デムーロ騎手との新コンビにも注目。

 サトノルパン(牡5、栗東・村山明厩舎)は前走の京阪杯ビッグアーサーを破って重賞初制覇。早めに抜け出して、内で少し追い出しが遅れたビッグアーサーの猛追を凌ぎきった。1200mでは2戦2勝と適性の高さを見せており、前走と同条件のここでも当然勝ち負けが期待される。

 ダンスディレクター(牡6、栗東・笹田和秀厩舎)は前走の阪神Cで、骨折明けながらも後方からよく追い込んで2着と好走した。当然今回は状態の上積みが見込め、京都コースは連対率100%と相性も抜群。ここも上位争い必至だろう。

 その他、オープン特別を連勝しているネロ(牡5、栗東・森秀行厩舎)、堅実に走るアースソニック(牡7、栗東・中竹和也厩舎)、3連勝中のローレルベローチェ(牡5、栗東・飯田雄三厩舎)、昨年は不振に終わるも実績上位のリトルゲルダ(牝7、栗東・鮫島一歩厩舎)なども上位進出を窺う。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す