スマートフォン版へ

マカヒキが無傷V3、友道師「本番に向けて楽しみ」/弥生賞

  • 2016年03月07日(月) 12時00分
 皐月賞TR「第53回弥生賞・GII」(芝2000m)は6日、中山11Rに12頭で争われ、2番人気のマカヒキ(栗東・友道)が3強対決を制してV。無傷の3連勝でクラシック1冠目へ王手をかけた。前半は最後方から進んだが、速い流れのなか、外から徐々に好位へ押し上げて直線へ。坂を上がって先に抜け出した1番人気の2歳王者リオンディーズ(2着)が懸命に押し切りを図ったが、グイッとひと伸びすると、ゴール前できっちり首差とらえた。勝ちタイムは1分59秒9。なお、2着から2馬身差の3着に3番人気のエアスピネルが入り、上位3頭が皐月賞(4月17日・中山、芝2000m)への優先出走権を獲得した。

 従来の記録を0秒2更新するレースレコードでの勝利に、ルメールは「強かった。素晴らしい。きょうは2頭(リオンディーズエアスピネル)が強いと思っていたけど、マカヒキもすごく走るね」と興奮を隠せない。友道師も「久しぶりに声が出ました。前回より落ち着いていたし、輸送も問題なかった。本番に向けて楽しみ」と満面の笑みだ。

 新馬-若駒S-弥生賞の3連勝は、3冠馬に上り詰めた父ディープインパクトと同じ蹄跡だ。本番への期待は一層膨らむ…が、一つの懸案は鞍上だ。ルメールは、きさらぎ賞を制し3戦3勝のサトノダイヤモンドへの騎乗が有力。「いい3歳がいっぱい。皐月賞がとても楽しみだね」とはぐらかした。友道師も「こればっかりは分からない」と言うにとどめた。強豪ひしめくクラシック戦線が、ハイレベルに混沌(こんとん)としてきた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す