スマートフォン版へ

カツゲキキトキト4連勝、木之前葵騎手が重賞初制覇!/新春ペガサスC・名古屋

  • 2016年03月17日(木) 17時47分
 17日、名古屋競馬場で行われた第18回新春ペガサスC(3歳・ダ1600m・1着賞金150万円)は、2〜3番手でレースを進めた木之前葵騎手騎乗の1番人気カツゲキキトキト(牡3、愛知・錦見勇夫厩舎)が、直線で逃げた2番人気ホウライマリーン(牝3、愛知・藤ヶ崎一人厩舎)を交わして抜け出し、最後はこれに5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒7(稍重)。

 さらに7馬身差の3着に9番人気チェンジイット(牝3、愛知・原口次夫厩舎)が入った。なお、3番人気ベッロポモドーロ(牝3、笠松・伊藤強一厩舎)は6着に終わった。

 勝ったカツゲキキトキトは、父スパイキュール母レイビスティーその父キングカメハメハという血統。重賞2つを含む4連勝を決めた。また、鞍上の女性ジョッキー・木之前葵騎手にとっては、これが初めての重賞制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
カツゲキキトキト(牡3)
騎手:木之前葵
厩舎:愛知・錦見勇夫
父:スパイキュール
母:レイビスティー
母父:キングカメハメハ
馬主:野々垣正義
生産者:朝野勝洋
通算成績:12戦6勝(重賞2勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す