スマートフォン版へ

名古屋の木之前葵騎手が重賞初制覇、「周りに支えられてようやく勝てた」

  • 2016年03月17日(木) 20時00分
 期待の女性騎手が重賞初制覇を成し遂げた。

 3月17日、名古屋競馬場で行われた重賞・新春ペガサスカップ(3歳、ダ1600m)はカツゲキキトキトが1番人気に応え勝利。鞍上の木之前葵騎手はデビューから丸3年を目前に嬉しい重賞初制覇となった。

 各馬が先行争いに集る中、3番手を確保し、絶好のポジションで4コーナーを回ってきた。先頭の馬に並びかけ、木之前騎手がステッキを数発入れるとグンと突き放した。

「葵ちゃん、いけーっ!!」

 スタンドからの声援を追い風にさらにリードを広げ、5馬身差をつけての完勝だった。笑顔で帰ってきた木之前騎手は、愛馬の首筋を何度も撫で、先輩騎手や関係者から祝福された。カツゲキキトキトにとっては圧勝の前走に続き重賞2勝目。前走は兄弟子の大畑雅章騎手が手綱を取ったが、前走前から今回の騎乗は決まっていた。

「レースの直前まで周囲の人たちから『おめでとう!』と言われて緊張しました。でも、追い切りも乗って馬の能力を理解できていると思っていたので、馬に任せて自分は乗っているだけだ、と言いきかせました。スタート直前は意外とワクワクしていましたね。レースでは先生からの指示通り前に行けてホッとしました。4コーナーでは先頭の馬と2馬身ほど差があって交わせるか不安でしたが、ステッキに反応してくれました」

 1月20日に行われる予定だった同レースは降雪のため日程が変更。名古屋大賞典の直前のレースとして組み込まれた。ウィナーズサークルには多くのファンが集まり、即席サイン会は名古屋大賞典の本馬場入場まで続いた。記念すべき初重賞に派手なガッツポーズはなかった。

「普段から周りに支えられてようやく勝てた重賞なので、とても嬉しいです」

 安堵の入り混じった笑顔でそう答えた。昨年はイギリスで海外初騎乗初勝利を挙げたほか、通算100勝も達成した木之前騎手。彼女のさらなる活躍が、今度は誰かの目標になるかもしれない。

 JRAでは藤田菜七子騎手スプリングSで重賞初騎乗するというニュースが飛んできた。未勝利の藤田騎手に、重賞でのいきなりの活躍は期待しすぎかもしれないが、彼女が吹き込んだ女性騎手旋風は地方競馬の女性騎手の活躍と相まって、まだまだ続きそうだ。

 華やかさはもちろん、泥まみれになりながら勝利を目指す彼女たちの活躍にこれからも注目したい。

(取材・写真:大恵陽子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す