スマートフォン版へ

GI馬5頭含む豪華メンバーが集結/大阪杯の見どころ

  • 2016年03月28日(月) 15時00分
 来年からGIに昇格という話もある大阪杯。今年も5頭のGI馬をはじめ、豪華メンバーが集結した。ハイレベルの一戦を制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/3(日) 大阪杯(4歳上・GII・阪神芝2000m)

 ラブリーデイ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年、年始めの中山金杯を皮切りに、宝塚記念天皇賞(秋)という2つのGIを含む重賞6勝をマーク。敗れたレースはいずれも距離に不安があったもので、ベストの2000mならこのメンバー相手でも勝ち負けは必至だろう。

 ショウナンパンドラ(牝5、栗東・高野友和厩舎)は昨年の宝塚記念3着、オールカマー優勝、天皇賞(秋)4着、そしてジャパンC制覇と、牡馬相手に互角以上の争いを繰り広げた。昨年の本レースは9着だったが、完全に本格化して臨む今回は当然勝ち負けが期待される。

 キタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)は昨年の菊花賞でGI初制覇を果たし、続く有馬記念でも0.1秒差の3着と好走。4歳初戦のここも期待がかかる。いつも実力ほどには人気にならない馬で、馬券的な楽しみも十分。

 アンビシャス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は前走の中山記念ドゥラメンテリアルスティールと好勝負を演じた(2着)。イスラボニータ以外のGI馬は休み明けだけに、一度使っているアドバンテージは大きく、ここは突き抜けるところまで十分期待できそうだ。

 その他、香港Cで追い込み2着に入ったヌーヴォレコルト(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)、出遅れなければ大きな差はないイスラボニータ(牡5、美浦・栗田博憲厩舎)、京都記念2着のタッチングスピーチ(牝4、栗東・石坂正厩舎)辺りも優勝争いの候補。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す