スマートフォン版へ

【コーラルS】(阪神)〜ノボバカラが2番手から抜け出す

  • 2016年04月02日(土) 16時39分
阪神11Rのコーラルステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は3番人気ノボバカラ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。3/4馬身差の2着に8番人気タイセイファントム、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気ブライトラインが入った。

ノボバカラは美浦・天間昭一厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤオーラ母ノボキッス(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は17戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ノボバカラ(M.デムーロ騎手)
「私は何もしていませんでした。余裕がありました。スタートが速く、前に行ったら物見をしていましたが、最後も伸びてくれました」

(天間昭一調教師)
ノンコノユメと差のない競馬をしていたときもありましたからね。1400mがベストだと思います。1600mは少し長いです。次は交流重賞も考えていますが、これから決めたいと思います」

2着 タイセイファントム(藤岡佑介騎手)
「いい位置をとれて、4コーナーの手応えもよかったです。差し切れたかなと思ったのですが......。よく差を詰めています。体調も安定しています」

4着 レッドファルクス(川田将雅騎手)
「久々の右回りは問題ありませんでした。最後までよく伸びています。がんばってくれました」

5着 グレイスフルリープ(小牧太騎手)
「残念でした。うまく外に出せて、早め早めに並びにいったのですが、最後は一杯になってしまいました。こういう競馬もできると思ったのですが......。58キロもあったかもしれません」

6着 ナガラオリオン(四位洋文騎手)
「前が止まらなければ仕方がありません。平坦コースの方がいいと思います」

10着 サトノプリンシパル(川須栄彦騎手)
「休み明けで半信半疑でしたが、思ったよりも道中で息が入っていました。しかし、早めに来られる形になってしまいました。こんなものではないと思います。能力を出し切れていません。一回叩いてどれだけ変わってくれるでしょうか」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す