スマートフォン版へ

メジャーエンブレム田村師「阪神JF以上の状態に持っていけそうだね」/桜花賞

  • 2016年04月05日(火) 12時00分
 2歳女王が迫力を増した姿で仁川の地へ向かう。昨年の阪神JFで完勝劇を決めたメジャーエンブレム。始動戦のデイリー杯クイーンCは、1分32秒5のレースレコードで見る者の度肝を抜いた。2着馬を5馬身もちぎり捨てる内容に「自分のペースで逃げてあの時計。改めて強いと思った」と田村師も思わず目を丸くしたほどだ。

 その後はこれまでの必勝パターンを踏襲し、福島県のノーザンファーム天栄へ放牧。レースの3週間前となる19日に帰厩し、予定通りにメニューを消化してきた。1週前追いは美浦Wで5F64秒5-36秒7-12秒5の猛時計。3日の日曜にも美浦Wで3F43秒1-13秒3をマークした。「放牧から帰ってくるたびに成長を感じる。阪神JF以上の状態に持っていけそうだね」と、指揮官は仕上がりに自信をのぞかせる。

 500キロ近い恵まれた馬体、何事にも動じない強い精神力。厩舎でマスコミのカメラマンが立ち姿を撮影する際も「全くピリピリしない。こんな馬は過去にはソーマジック(08年桜花賞3着馬)くらい」だという。圧倒的なスケールを武器にいざGI2勝目へ。名牝が彩る桜の系譜に名を刻む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す