スマートフォン版へ

ジュエラーが大接戦を制しGI初V! メジャーエンブレム4着に敗れる/桜花賞

  • 2016年04月10日(日) 17時52分
 10日、阪神競馬場で行われた桜花賞(3歳・牝・GI・芝1600m)は、後方でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の3番人気ジュエラー(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、中団追走から一旦は抜け出した2番人気シンハライト(牝3、栗東・石坂正厩舎)と並んでゴールし、写真判定の結果、ハナ差これを下し優勝した。勝ちタイムは1分33秒4(良)。

 2着シンハライトから1.3/4馬身差の3着には、アットザシーサイド(牝3、栗東・浅見秀一厩舎)が入った。なお、1番人気メジャーエンブレム(牝3、美浦・田村康仁厩舎)はアットザシーサイドと1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったジュエラーは、父ヴィクトワールピサ母バルドウィナその父Pistolet Bleuという血統。前哨戦のチューリップ賞ではシンハライトにハナ差敗れたが、この本番で見事雪辱を果たし桜の女王に輝いた。また、本馬の父ヴィクトワールピサにとっては、これが産駒の初重賞・初GI勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
ジュエラー(牝3)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・藤岡健一
父:ヴィクトワールピサ
母:バルドウィナ
母父:Pistolet Bleu
馬主:青山洋一
生産者:社台ファーム
通算成績:4戦2勝(重賞1勝)

【M.デムーロ騎手のコメント】
桜花賞はずっと勝ちたかったレースなので、とても嬉しいです。ヴィクトワールピサの子どもですからなおさらですね。
瞬発力が物凄くある馬で、直線では最後まで本当にいい脚を使ってくれました。(ゴールでは)頭が上がったタイミングだったので今回も負けてしまったかと思いましたが、勝てて本当に良かったです。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す