スマートフォン版へ

【鹿野山特別】(中山)〜サクラアンプルールが2番手から抜ける

  • 2016年04月17日(日) 15時13分
中山9Rの鹿野山特別(4歳以上1000万下、芝2000m)は2番人気サクラアンプルール(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1(良)。3/4馬身差2着に11番人気トミケンスラーヴァ、さらに3/4馬身差で3着に8番人気エニグマバリエートが入った。

サクラアンプルールは美浦・金成貴史厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ母サクラメガ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 サクラアンプルール(戸崎騎手)
「調子が良さそうでしたので、正攻法の競馬をしました。最後までよく走ってくれました」

2着 トミケンスラーヴァ(松岡騎手)
「風が強すぎました。先に行ってくれという指示で、この風なら捲くってくる馬もいないと思いました。ハマッたと思いましたが...」

3着 エニグマバリエート(福永騎手)
「スタートは普通に出ました。出来れば勝ち馬の後ろに楽に行きたかったのですが、最後もしっかり伸びていますし、叩かれて次は良くなります。乗りやすい馬です。このクラスのメドは立ちました」

4着 オウケンブラック(蛯名騎手)
「頑張っています。いい形で運べましたが、久々の分でしょうか」

12着 レントラー(武豊騎手)
「スタートも悪くて、今日は反応もあまりありませんでした。このクラスは大丈夫だと思いましたが、今日の敗因はよく分かりません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す