スマートフォン版へ

ダービーを目指して好メンバーが集結/青葉賞の見どころ

  • 2016年04月25日(月) 12時00分
 本番と同じ舞台で行われるダービートライアル・青葉賞。今年はデビューから2連勝のアルカサルレーヴァテインや、ここで復帰の良血馬プロディガルサンなど、好メンバーが揃った。日本ダービーに名乗りを上げるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/30(土) 青葉賞(3歳・GII・東京芝2400m)

 プロディガルサン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)はドバイターフを勝ったリアルスティールの全弟という良血馬。今年の初戦に予定していた弥生賞を骨膜炎のため回避したあと、ここを目標に調整してきた。新馬戦、芙蓉Sと連勝し、続く東京スポーツ杯2歳Sでも2着と2歳時から素質の片鱗を見せており、ここも上位争いが期待される。

 アルカサル(牡3、美浦・大竹正博厩舎)は新馬戦、水仙賞と無傷の2連勝。長くいい脚を使えるのが魅力で、初の東京コース、相手強化のここもあっさりクリアできるようなら本番の日本ダービーでも楽しみ。

 レーヴァテイン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は前走の500万下でクビ差の2位入線となったが、先着馬ヴァンキッシュランの斜行により、繰り上がって2連勝を飾った。半兄アプレザンレーヴレーヴミストラルがこのレースを勝っており、本馬自身もダービー向き。兄達に続くことができるか。

 その他、京成杯共同通信杯で3着に入っているメートルダール(牡3、美浦・戸田博文厩舎)、降着後のアザレア賞をキッチリと勝ったヴァンキッシュラン(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、スプリングSで2着に入ったマイネルハニー(牡3、美浦・栗田博憲厩舎)、すみれSで復調気配を見せたロスカボス(牡3、栗東・高野友和厩舎)などもダービー出走権を狙う。発走は15時45分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す