スマートフォン版へ

キョウエイギア、4馬身差完勝で3歳ダート王!/ジャパンダートダービー・大井

  • 2016年07月13日(水) 20時15分
 13日、大井競馬場で行われた第18回ジャパンダートダービー(GI・3歳・ダ2000m・1着賞金4500万円)は、4〜5番手でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の4番人気キョウエイギア(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、最後は逃げ粘った3番人気ケイティブレイブ(牡3、栗東・目野哲也厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒7(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に1番人気ゴールドドリーム(牡3、栗東・平田修厩舎)が入った。なお、2番人気ストロングバローズ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は7着に終わった。

 勝ったキョウエイギアは、父ディープスカイ母ローレルアンジュその父パラダイスクリークという血統。初めての重賞制覇をこの大舞台で果たした。

【勝ち馬プロフィール】
キョウエイギア(牡3)
騎手:戸崎圭太
厩舎:栗東・矢作芳人
父:ディープスカイ
母:ローレルアンジュ
母父:パラダイスクリーク
馬主:田中晴夫
生産者:村上幹夫
通算成績:11戦4勝(重賞1勝)

戸崎圭太騎手のコメント】
 初めて乗せていただいた馬でしたが、レースぶりは見ていましたので、ある程度自信を持っていましたし、今日はオーナーの誕生日だったので力をこめて乗りました。
 (道中は)今日は差しも決まっていましたし、どこからでも競馬ができる馬なので、前へ行きたい馬の後ろで我慢しようと思っていました。いつでも抜け出せるというぐらい、ずっといい手応えで、これだけの相手にいいパフォーマンスを見せられました。今後も強い競馬をしてくれると思います。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す