スマートフォン版へ

マカヒキが帰厩 凱旋門賞へ向け調整進める

  • 2016年07月16日(土) 06時59分
 凱旋門賞・仏G1(10月2日・シャンティイ)に参戦するダービーマカヒキ(牡3歳、栗東・友道)が15日、福島県のノーザンファーム天栄から栗東トレセンに帰厩した。

 友道師は「無事に輸送ができた。担当者は体高が伸びたと言っていたし、まだ緩いところもあるから、秋以降にもっとしっかりしてくると思う」と目を細めた。

 きょう16日に早速、坂路入りする予定で、追い切りには札幌から実戦でコンビを組むルメールも駆けつける予定。8月19日に出国し、現地では仏シャンティイの小林厩舎で調整を進める。本番と同じ舞台で行われるニエル賞・仏G2(9月11日)をステップに世界最高峰のレースに挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す