スマートフォン版へ

レッドリヴェールが引退 13年阪神JF覇者 左前腱周囲炎

  • 2016年08月30日(火) 20時30分
 13年阪神JFなどを制したレッドリヴェール(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が30日、現役を引退することが分かった。前走の札幌記念16着後にエコー検査を行ったところ、左前腱周囲炎が判明。来年の繁殖入りを見据え、早めにターフを去ることになった。今後は引き続き社台ファームで繋養される。

 同馬は13年に札幌でデビュー。新馬戦Vの勢いに乗って札幌2歳Sを制すと、阪神JFではのちの桜花賞ハープスターを撃破。翌年にはダービーに出走(12着)して話題となった。通算戦績は18戦3勝。管理する須貝尚介調教師は「ステイゴールド産駒の女の子ということで繊細な面がありましたが、私自身、いろんな意味で勉強させてもらった馬でした。もう1つぐらい、重賞を獲れると思っていましたけど…。将来はいいお母さんになって、立派な子を産んでほしいですね」と話した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す