スマートフォン版へ

園田の名物誘導馬マコーリーが老衰のため逝去

  • 2016年09月26日(月) 12時29分
 園田競馬場で“日本最高齢の誘導馬”として親しまれ、人気を集めていたマコーリー号が、25日、老衰のため逝去した。31歳だった。

 マコーリーは昨年10月の誘導馬引退後、大きな体調の変化もなく、穏やかに余生を過ごしていたが、25日の15時20分頃、誘導馬厩舎において息を引き取った。

 園田競馬では、マコーリーを偲び、園田競馬場内1階映像ホール横スタジオ前に献花台を設置。期間は、9月28日(水)〜10月21日(金)までの園田競馬開催日を予定している。

■マコーリー号のプロフィール
1985年 ニュージーランド生まれ
1995年〜 JRA競馬学校で練習馬として活躍
1998年〜 JRA京都競馬場で誘導馬として活躍
2001年 園田競馬場に移籍、以降誘導馬として活躍
2015年 誘導馬引退

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す