スマートフォン版へ

【サウジアラビアRC】(東京)〜ブレスジャーニーが決め手を発揮して重賞初制覇

  • 2016年10月08日(土) 17時02分
東京11Rのサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・芝1600m)は3番人気ブレスジャーニー(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気ダンビュライト、さらに3馬身差の3着に1番人気クライムメジャーが入った。

ブレスジャーニーは美浦・本間忍厩舎の2歳牡馬で、父バトルプラン母エルフィンパーク(母の父タニノギムレット)。通算成績は3戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ブレスジャーニー(柴田善臣騎手)
「馬の後ろで我慢をさせて、直線に入って脇に出してゴーサインを出しました。スムーズに反応してくれました。スタートして思ったよりも前にいけませんでしたが、先々のことを見据えて、ゆっくり行きました。調教でもうまく折り合いをつけて走っていますし、距離は伸びても大丈夫そうです」

2着 ダンビュライト(音無秀孝調教師)
「内にもたれていました。まだ次走は決めていませんが、年内にもう一走することになると思います。初戦に続いて1600m戦でしたから、距離を延ばしたい気持ちもあります。オーナーと相談します」

3着 クライムメジャー(M・デムーロ騎手)
「ゲートで待たされましたし、久々の分もあって行きたがりました。他馬を気にしていましたし、まだ子供です。それでも3着に粘っているのですから、能力はあります」

4着 ウィンドライジズ(木幡巧也騎手)
「調教に乗ってキレる脚がないことは分かっていました。早めにエンジンをかけていって、良く走っていますが、キレのある馬には負けてしまいました。内容は悪くないですし、距離を延ばしても大丈夫そうです」

5着 バリンジャー(北村宏司騎手)
「レースに向かって気持ちがナーバスになっていくようで、ゲートの前から落ち着きがありませんでした」

6着 セイウングロリアス(内田博幸騎手)
「この前よりは良かったです。後ろになってしまいましたが、折り合いはついていました。次のために我慢して、レースが出来ました。疲れが見え始めていますし、燃えてしまうタイプですから、間をあけたほうがいいと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す