スマートフォン版へ

サトノダイヤモンド完勝! 最後の1冠で悲願のGI制覇!/菊花賞

  • 2016年10月23日(日) 18時00分
 23日、京都競馬場で行われた菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m)は、中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が、2周目3〜4コーナーで楽に進出して、その手応えのままに直線抜け出し優勝した。勝ちタイムは3分3秒3(良)。

 2/1/2馬身差の2着は、外から追い上げてきた9番人気レインボーライン(牡3、栗東・浅見秀一厩舎)と内で脚を伸ばした6番人気エアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎)の際どい争いとなったが、レインボーラインに軍配が上がった。ハナ差でエアスピネルが3着。

 なお、2番人気ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)はエアスピネルとクビ差の4着、3番人気カフジプリンス(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は8着に終わった。

 勝ったサトノダイヤモンドは、父ディープインパクト母マルペンサその父Orpenという血統。春は皐月賞で不利を受け3着、日本ダービーでは落鉄で僅差の2着と涙を呑んだが、このクラシック最後の1冠で悲願のGI制覇を果たした。ディープインパクト産駒菊花賞制覇は初。鞍上のC.ルメール騎手は初めてのクラシック制覇。また、「サトノ」の冠名で有力馬を多数所有する里見治オーナーにとっても初のGI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
サトノダイヤモンド(牡3)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:7戦5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2016年神戸新聞杯(GII)

【C.ルメール騎手のコメント】
 日本に来たときからこのレースは勝ちたかったので、「やった!」という気持ちです。とても嬉しいです。(落鉄で2着だった)ダービーは残念でしたが、今日は自信がありました。長距離レースですが、とても乗りやすくいつも頑張ってくれる馬ですので、直線に向いたところで勝てると思いました。この馬が(世代で)一番強いと思います。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す