スマートフォン版へ

【天皇賞】リアルスティール雪辱期す 毎日王冠回避が吉に

  • 2016年10月27日(木) 06時00分
天皇賞(秋)・G1」(30日、東京)

 安田記念11着の雪辱を期すリアルスティールは26日、栗東坂路で単走での追い切り。ほぼ馬なりで4F53秒8-38秒4-12秒5と、前走時の4F50秒8(強め)から一転してソフトな最終デモだった。

「予定通り。毎日王冠を使うというのがベストだったが、あの時の状態で使わなくて良かった。息遣いも良化しているし、次善の策は打てた」と矢作師は目尻を下げる。レースを直前に控え、体もシャープに仕上がった。前哨戦回避の決断は、今のところ吉と出ている。

 師の脳裏にかすめる不安は、仕上がりよりも前走内容だ。敗因を探るなかで思い当たったのが、テンションの高さ。特に返し馬でのイレ込みが激しく、レースでも折り合いがつかなかった。そこで今回は直前軽めの調整を選択。「堅実でしっかり走れる馬に戻したい」と名誉挽回を誓う。

 心強いのが新コンビのM.デムーロ。「折り合いが難しい馬でも、構えないで攻撃的に乗ってくれるからね」と指揮官は信頼を寄せる。託された鞍上も「乗り難しい馬は大好き。ドバイの時のイメージで乗りたい。ドゥラメンテのいいライバルだった馬。チャンスはあると思う」とドバイターフの再現を狙う。今度は不発に終わらせない。世界を制した脚が、府中の直線でうなりを上げる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す