スマートフォン版へ

ストレイトガール“ラストラン” 初年度は“怪物”フランケルと交配へ

  • 2016年10月31日(月) 06時01分
 G1・3勝馬ストレイトガール(牝7歳、栗東・藤原英)の引退式が東京競馬最終レース後に行われた。戸崎圭を背に直線をキャンターで流すと、多くのファンから温かい拍手が送られた。

 15年香港スプリント9着後にターフを去る予定だったが、一転して現役引退を延期。今春のヴィクトリアマイルでは7歳牝馬としては史上初のJRA・G1制覇を達成した。藤原英師は「ドラマのある馬」と振り返れば、戸崎圭も「僕を成長させてくれた」と敬意を払った。

 今後は渡英してニューマーケットのナショナルスタッドでけい養され、初年度はG1・10勝を含む14戦無敗の“怪物”フランケルと交配する。廣崎利洋オーナーは「今度は子どもで、ここへ帰ってきたい」と語った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す