スマートフォン版へ

ジュニアC、キンシャサノキセキが土壇場で差し切る

  • 2006年01月05日(木) 14時50分
 5日、中山競馬場で行われたジュニアC(3歳OP、芝1600m)は、柴山雄一騎手騎乗の5番人気キンシャサノキセキ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が、好スタートから逃げ込みを図った1番人気アドマイヤカリブをハナ差捕らえて優勝した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。さらに2.1/2馬身差の3着には4番人気ダンスフォーウィンが入った。

 勝ったキンシャサノキセキは、父フジキセキ母ケルトシャーン Keltshaan(その父Pleasant Colony)という血統の豪国産馬。伯父にリュパン賞(仏G1)など仏重賞5勝を挙げた種牡馬グルームダンサーがいる。05年12月のデビュー戦(中山・芝1200m)は、2着に2.1/2馬身差をつけて快勝しており、これで2連勝となった。通算成績2戦2勝。

 同馬はフジキセキが南半球にシャトル種牡馬として供用されていた際の産駒のため、外国産の扱いとなり、南半球産馬の負担重量(2kg減)で臨んでいた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す