スマートフォン版へ

【朝日杯FS】ミスエルテ 末脚不発で4着 怪物娘に牡馬の壁厚く…

  • 2016年12月19日(月) 06時00分
 「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)
 80年のテンモン以来、36年ぶりの牝馬による朝日杯FS制覇を目指したミスエルテだったが、前2戦で見せた圧倒的な末脚は不発に終わり4着。1番人気を裏切るとともに、先週のソウルスターリングに続くフランケル産駒2週連続G1制覇も泡と消えた。
 「競馬自体はスムーズでしたが、時計のかかる力のいる馬場では苦しかったですね」。レース後に川田はタフなコンディションを悔やんだが、それ以上に影響したのがレース前のイレ込みだ。「使うごとに我慢が利かなくなっている」と鞍上が話せば、池江師も「これまでで一番テンションが高かった。レース前に消耗していたね」と精神面を敗因に挙げた。今後についてトレーナーは「未定」と話すにとどめたが、これからどう立て直していくのか注目が集まる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す