スマートフォン版へ

サウンズオブアース鞍上デムーロ「GIでは全頭がライバル」/有馬記念共同会見

  • 2016年12月21日(水) 19時18分
サウンズオブアースに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

――有馬記念を控えた今の気持ちは?
ミルコ とてもうれしい。今年最後のGI、緊張しています。

――前走のジャパンカップを振り返ってください。
ミルコ すごい頑張った。本当に頑張った。キタサンブラックが余裕で逃げていたし、直線でムーア騎手が外にはってきたので大変だったけれどよく頑張りました。

――成長は感じましたか?
ミルコ はい。よくなってきました。やっぱりジャパンカップのときは今まで乗った中でいちばんよかったです。2歳のときはやんちゃで子供でしたけど、競馬は真面目に走る馬でした。

――中山2500mはいかがですか?
ミルコ 昨年は負けましたね。(サウンズオブアースでは)まだ勝ったことないけど、すごく勝ちたいです。中山はすごく難しいです。すごくトリッキー。枠順もペースも大事です。

――ライバルは?
ミルコ GIのときは全頭がライバルですが、キタサンブラックがすごく強い馬ですね。それからデニムアンドルビーシュヴァルグランゴールドアクター

――3歳馬にも強い馬がいますが?
ミルコ そうですね。とっても強い。でも、まだ4歳以上を相手に勝ったことがないからわかりません。

――最後にひとこと。
ミルコ 今年最後のGIです。サウンズオブアースと一緒に頑張ります。

サウンズオブアースを管理する藤岡健一調教師

――今朝の追い切りはいかがでしたか?
藤岡 1頭前において、いつも後ろから離していくんですけど、このところ勝負でモタつくような競馬が続いているので、馬の真後ろにつけてから外に出して反応をみる、という調教をしました。霧で全体が見えず、最後の1ハロンしか見えなかったのですが、いい動きだったと思います。

――前走からの上積みは?
藤岡 ジャパンカップのときはすごくいいデキでした。過去最高だな、と思っていたんですが、今回はそれ以上にいい状態にもってこれていると思います。

――前走のジャパンカップを振り返ってください。
藤岡 行けなかったのでGIですしレース自体が流れてくれればな、と思っていたのですが。結構スローな展開になったので、勝たれてしまって仕方ないなというかんじです。まだ重賞を勝っていないのですが、GIでしっかり2着を確保してくれました。勝ち馬以外は負かしているのでレースぶり自体はよかったと思います。

――中山2500mという舞台は?
藤岡 中山は安定して走ってくれています。昨年も惜しい2着でしたし、コース自体はこの馬にとってはあっているんじゃないかと思っています。

――希望の枠はありますか?
藤岡 できれば内がいいな、と思います。

――ライバル関係は?
藤岡 たくさんライバルがいますが、力は見劣っていないと思うのでじゅうぶん勝負になる馬だと思っています。

――当日、ジョッキーと何か作戦を立てますか?
藤岡 ここずっと乗っていますし、馬のことはよくわかってくれているので特に話はしないです。

――最後にひとこと。
藤岡 ずっと勝てずにいて、GIで惜しいレースが続いているので、この大一番でGI馬にしてやりたいと思いますので、皆さんに応援していただけたらありがたいです。

(取材・写真:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す