スマートフォン版へ

エアスピネルが接戦を制しV! 武豊騎手は31年連続重賞勝利!/京都金杯

  • 2017年01月05日(木) 17時51分
 5日、京都競馬場で行われた京都金杯(4歳上・GIII・芝1600m)は、中団でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気エアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)が、直線で外から先行各馬を交わして抜け出し、最後はゴール前で猛然と差を詰めてきた6番人気ブラックスピネル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)をハナ差振り切り優勝した。勝ちタイムは1分32秒8(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に5番人気フィエロ(牡8、栗東・藤原英昭厩舎)が入った。なお、2番人気アストラエンブレム(牡4、美浦・小島茂之厩舎)は4着、3番人気ブラックムーン(牡5、栗東・西浦勝一厩舎)は9着に終わった。

 勝ったエアスピネルは、父キングカメハメハ母エアメサイアその父サンデーサイレンスという血統。昨年は未勝利に終わるも皐月賞4着、日本ダービー4着、菊花賞3着とクラシックで活躍。今回は久々のマイル戦だったが、これをきっちりと制して、2歳時のデイリー杯2歳S以来となる重賞2勝目を挙げた。また、鞍上の武豊騎手はこれで1987年からの31年連続JRA重賞制覇となった(昨年マークした30年連続のJRA記録を更新)。

【勝ち馬プロフィール】
エアスピネル(牡4)
騎手:武豊
厩舎:栗東・笹田和秀
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
馬主:ラッキーフィールド
生産者:社台ファーム
通算成績:9戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2015年デイリー杯2歳S(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す