スマートフォン版へ

インカンテーション、1年10か月ぶりの復活V!/マーチS

  • 2017年03月26日(日) 17時38分
 26日、中山競馬場で行われたマーチS(4歳上・GIII・ダ1800m)は、好位でレースを進めた勝浦正樹騎手騎乗の10番人気インカンテーション(牡7、栗東・羽月友彦厩舎)が、直線で前を交わして先頭に立ち、最後は同馬と併せて伸びた2番人気ディアデルレイ(牡6、美浦・牧光二厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分52秒0(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に11番人気アルタイル(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)が入った。なお、3番人気ロンドンタウン(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)は4着、1番人気コスモカナディアン(牡4、美浦・金成貴史厩舎)は12着に終わった。

 勝ったインカンテーションは、父シニスターミニスター母オリジナルスピンその父Machiavellianという血統。2度目の骨折から復帰後は8、12、13着と連敗していたが、ここで復活を果たした。重賞は4勝目。

【勝ち馬プロフィール】
インカンテーション(牡7)
騎手:勝浦正樹
厩舎:栗東・羽月友彦
父:シニスターミニスター
母:オリジナルスピン
母父:Machiavellian
馬主:ターフ・スポート
生産者:谷川牧場
通算成績:27戦9勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2015年平安S(GIII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す