スマートフォン版へ

桜の女王はレーヌミノル! 断然人気ソウルスターリングは3着/桜花賞

  • 2017年04月09日(日) 17時37分
 9日、阪神競馬場で行われた桜花賞(3歳・牝・GI・芝1600m)は、好位でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の8番人気レーヌミノル(牝3、栗東・本田優厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、中団から追い上げてきた3番人気リスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒5(稍重)。

 さらにクビ差の3着に1番人気ソウルスターリング(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。なお、2番人気アドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)は12着に終わった。

 勝ったレーヌミノルは、父ダイワメジャー母ダイワエンジェルその父タイキシャトルという血統。昨夏の小倉2歳Sを圧勝して以降は勝ち星を挙げられないでいたが、この大舞台で見事栄冠を掴みとった。鞍上の池添謙一騎手は2002年アローキャリー以来の桜花賞制覇(2勝目)、本馬を管理する本田優調教師にとっては初のGI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
レーヌミノル(牝3)
騎手:池添謙一
厩舎:栗東・本田優
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
馬主:吉岡實
生産者:フジワラファーム
通算成績:7戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年小倉2歳S(GIII)

池添謙一騎手のコメント】
1週前の追い切りで初めて乗せていただいたのですが、本当に良い馬で、上手く乗ればチャンスあるんじゃないかなと思っていました。今日の返し馬も凄く良くて、自信を持って乗っていいなと感じました。
(直線では)先頭に立ってからゴールまでが凄く長くて、2センチ差で負けた去年のようにならないでくれと思いながら一生懸命に追っていました。騎乗を依頼してくれたオーナー、先生に本当に感謝しています。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す