スマートフォン版へ

皐月賞ダイジェスト/勝ちタイムは1分57秒8(良)

  • 2017年04月16日(日) 17時38分
2017年 皐月賞(GI・芝2000m/天気:晴/馬場:良/18頭立て)

 13番サトノアレスがスタートで出遅れて最後方に。まずは8番ファンディーナがダッシュ良く出て行くところに、外から11番アルアイン、15番アダムバローズ、18番トラストなどがやってきて、アダムバローズがハナに立った。

 1コーナーを回って、アダムバローズのリードは1馬身半。トラストが単独2番手、1馬身差の外に16番クリンチャー、直後にアルアイン、その内にファンディーナがつけている。半馬身差の外に10番ダンビュライト、1馬身差で9番プラチナヴォイス、その外に17番ウインブライト、内に1番マイスタイルが続く。1馬身差で3番コマノインパルス、2番スワーヴリチャード、12番アメリカズカップが並んでいるが、その内を7番ペルシアンナイトがスルスルと上がって先団に取りついていった。4番カデナもこれに続いてポジションを上げていく。コマノインパルスらの後ろには5番レイデオロと6番アウトライアーズが続き、1馬身差で14番キングズラッシュ、さらに1馬身後ろの最後方がサトノアレスとなった。

 前半1000mの通過タイムは59.0秒。3コーナーでアダムバローズは一杯になって後退。かわってトラストクリンチャーが前に出る。3番手のファンディーナクリンチャーの外に出そうという構え。そのさらに外にダンビュライトも並んできた。

 最後の直線に入ってファンディーナが先頭に立ちかけるも、追ってからの伸びが今一つ。かわって内を通ってポジションを上げていたペルシアンナイトが、トラストクリンチャーの間を割って前に出る。アルアインファンディーナの内に入って脚を伸ばしてきた。一旦は抜け出す形になったペルシアンナイトだったが、坂をあがってアルアインが一気に差を詰める。最後はアルアインペルシアンナイトをクビ差捕らえてゴール、牡馬クラシック第一弾を見事に制した。2着ペルシアンナイトから3/4馬身差の3着には、外からしぶとく脚を伸ばしたダンビュライトが入った。スワーヴリチャードは6着、ファンディーナは7着、カデナは9着だった。勝ちタイムは1分57秒8(良)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す