スマートフォン版へ

ダービーへ期待を抱かせるクリンチャー 皐月賞での“価値ある4着”

  • 2017年04月18日(火) 11時00分
「▲ぐらい打ってくれてもいいよ」。レース2日前、宮本調教師から笑顔で言われた。自信ありげに語ったその馬は、3戦2勝で皐月賞に出走したクリンチャーのことだ。

 デビューは今年1月15日の中京…となるところだったが、当日は降雪のため開催中止となり、翌日に順延。12着(16頭立て)という結果は、少なからずその影響があったと個人的には考える。2戦目は同28日の京都だが、ここで非凡な才能を披露した。新馬戦から中1週というローテで挑んだ一戦で、初勝利を挙げたのだ。14頭立てで最低人気でのVは、単勝2万4480円の払い戻しを演出した。

「未勝利戦を勝った時は間隔が詰まっていたけど、時計も優秀だった。新馬戦の内容から見ても、ビックリしたよ」。担当の長谷川助手は振り返った。

 2勝目を目指した次戦は2月26日のすみれS(阪神)。ハナを切った前走とは変わって、好位で折り合い直線半ばで力強く抜け出す完勝劇だった。「芝の長いところはいいと思っていた」と同助手が言うように、強烈な末脚はなくとも、スタミナ自慢をアピールした。

 そして、先週の皐月賞。枠順発表では外枠16番を引き当て、先行馬のクリンチャーにとっては痛恨のように思えた。枠番と一気の相手強化ゆえに、記者の印は△にせざるを得なかった。だが、レースでは外枠をものともせずに先行し、3角では3番手。直線もしぶとく粘って勝ち馬から0秒3差の4着。前半の1000メートル通過が59秒0のハイペースという流れのなか、先行馬として掲示板に残った内容は“並の先行馬”とは思えないレースぶりだ。13番人気での大健闘。高く評価できるのではないだろうか。

 4着に入ったことで日本ダービー(5月28日・東京)への優先出走権を手にした。トレーナーは今年に入ってから常々、「ダービーに出たい」という思いを口にしていた。奇しくもクリンチャーの父は08年の日本ダービーディープスカイ。レース前、「▲ぐらい打ってもいいよ」と師に言われた皐月賞ダービーでは「本命を打ちたいな」…そう思わせる皐月賞での“価値ある4着”だった。(デイリースポーツ・向亮祐)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す