スマートフォン版へ

【マイラーズC】イスラボニータ いざマイル王へ!2年7カ月ぶりの美酒

  • 2017年04月24日(月) 06時00分
 「マイラーズC・G2」(23日、京都)
 これぞG1ホースの底力だ。14年の皐月賞イスラボニータが、直線で力強く伸び、約2年7カ月ぶりの勝利を手にした。惜敗続きから脱出した大きな1勝を手に、優先出走権を得た安田記念(6月4日・東京)へと向かう。2着は1番人気のエアスピネル。7番人気のヤングマンパワーが3着に入った。
 メンバー唯一のG1馬が意地と底力を見せた。イスラボニータが約2年7カ月ぶりに勝利。たまりにたまったうっぷんをまとめて晴らした。
 道中は好位の5番手を追走して手応え十分に直線へ。最後はエアスピネルヤングマンパワーの間を割り、力強くゴール板を射抜いた。「ついに勝ったね。2着ばかりだったのでぜひ勝ちたいと思っていた」。ホッとした表情を見せたルメールは「スタートが速かったから後ろのポジションにならなかった。流れに乗れたし、直線の反応がとても良かった」と会心のレースを振り返った。
 4連勝で14年の皐月賞を制覇。ダービーは0秒1差の2着に泣いたが、続くセントライト記念をV。輝かしい成績も、その重賞4勝目を最後に勝てないレースが続いた。決して不振だったわけではない。ここ3走は連続2着と運にも見放されていた。
 惜敗に終止符を打とうと、今回決断したのが早めの入厩による仕上げだった。「積み重ねの一つであって“早めに入厩したから”ということではない。牧場が根を肥やしてくれたおかげ」とは栗田博師だ。土があるから花が咲く。牧場とトレセンの連携に感謝した。
 久々の美酒を手にするとともに、早熟説も一蹴。「気持ちがしっかりとしている。安心して見ていられた」と指揮官がうなずけば、主戦も「もうちょっと良くなるので、安田記念がとても楽しみ」と期待を込める。昨年5着に敗れた大舞台へ-。復活を遂げた6歳馬がマイル王の座をつかむ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す