スマートフォン版へ

【高田城特別】(新潟) ローズクランスが内から交わして2勝目

  • 2017年05月21日(日) 15時27分
新潟10Rの高田城特別(4歳以上500万下、芝1800m)は5番人気ローズクランス(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。ハナ差2着に4番人気シンボリタピット、さらに1馬身差で3着に6番人気メイショウフェイクが入った。

ローズクランスは美浦・手塚貴久厩舎の4歳牡馬で、父ネオユニヴァース母エリドゥバビロン(母の父Bernstein)。通算成績は11戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ローズクランス(津村騎手)
「以前乗った時より操作性が良くなっていて、レース前も落ち着いていました。抜け出してから遊んでいたくらい余裕がありましたし、上のクラスでも通用するでしょう」

2着 シンボリタピット(石橋脩騎手)
「スッと流して行って、後ろに脚を使わせるイメージでしたし、いい感じで運べました。勝った馬にうまく脚を使われてしまいましたが、このパターンに持ち込めれば今後も楽しみです」

3着 メイショウフェイク(嘉藤騎手)
「芝の方がいいですね。いい手応えで行けましたし、最後もよく差を詰めてくれました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す