スマートフォン版へ

ルーカスの初陣勝利は海外でも注目の的に、米紙が「TDNライジングスター」に認定

  • 2017年08月22日(火) 18時06分
 日本と香港でG1・6勝を挙げた名馬・モーリスの全弟となるルーカス(牡2、美浦・堀宣行厩舎)が先週日曜日の札幌新馬戦で初陣を飾った。

 この勝利を米紙・サラブレッドデイリーニューズ(TDN)が同紙サイトで取り上げ、将来的に重賞ウィナーになると評価した若駒に与える「TDNライジングスター」の称号をルーカスに与えた。

 これまで日本と関係のある「TDNライジングスター」としては、英国・愛国などヨーロッパで走るディープインパクト産駒・セプテンバー(英準重賞優勝)や、アメリカで走る日本産ハーツクライ産駒・ヨシダ(米G2で2着)、日本調教馬では昨年2連勝でファンタジーS(G3)を制したフランケル産駒・ミスエルテらが過去には選ばれている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す