スマートフォン版へ

エイシンバッケンが調教中に急死

  • 2017年09月28日(木) 16時07分
 今年のフェブラリーSで4着と好走し、現在は大井・荒山勝徳厩舎に移籍していたエイシンバッケン(牡5)が28日朝の調教中に急死したことがわかった。関係者の発表では死因は心臓麻痺とみられる。

 同馬はJRAで7勝(芝1勝、ダート6勝)を挙げ、今夏に大井移籍を発表。移籍初戦として10月4日の東京盃に出走予定だった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す