スマートフォン版へ

3歳牝馬エネイブル圧勝! 日本勢は着外/仏・凱旋門賞

  • 2017年10月01日(日) 23時14分
 現地時間1日、フランスシャンティイ競馬場で行われた凱旋門賞(3歳上・牡牝・GI・芝2400m・1着賞金285万7000ユーロ)に、日本のサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎、C.ルメール騎手)と、サトノノブレス(牡7、栗東・池江泰寿厩舎川田将雅騎手)が出走。

 レースは、サトノノブレスが5〜6番手、サトノダイヤモンドが中団後方から進める展開。直線ではともに外めからの追い上げを図ったものの、伸びを欠いてサトノダイヤモンドは15着、サトノノブレスは16着に終わった。

 勝ったのは現地でも日本でも圧倒的支持を得ていた、L.デットーリ騎手騎乗のエネイブル(牝3、英・J.ゴスデン厩舎)。好位追走から早々に先頭に立って後続を突き放す圧勝だった。同馬はこれで英愛オークス、キングジョージ、ヨークシャーオークスに続くGI・5連勝。英国調教の3歳牝馬による凱旋門賞制覇は初。

 2着は2.1/2馬身差でクロスオブスターズ(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)、さらに1.1/4馬身差の3着はユリシーズ(牡4、英・M.スタウト厩舎)となった。勝ちタイムは2分28秒69。

【日本馬プロフィール】
サトノダイヤモンド(牡4)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:12戦7勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2016年有馬記念(GI)

サトノノブレス(牡7)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:クライウィズジョイ
母父:トニービン
馬主:里見治
生産者:メジロ牧場
通算成績:33戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年日経新春杯(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す