スマートフォン版へ

【毎日王冠】リアルスティール直線抜け出し復活V ミルコ「きれいな勝ち方」

  • 2017年10月09日(月) 08時00分
 「毎日王冠、G2」(8日、東京)

 G1馬5頭がそろった豪華な一戦は、3番人気のリアルスティールが豪快に抜け出しV。1分45秒6のタイムで昨春のドバイターフ以来、国内では15年の共同通信杯以来のタイトルをゲット。天皇賞・秋(29日・東京)の優先出走権を獲得した。鞍上のM・デムーロは先週のスプリンターズSに続く2週連続Vで、自己最多タイのJRA重賞年間13勝目。5番人気サトノアラジンが首差2着。3着に4番人気グレーターロンドンが入った。2番人気マカヒキは6着、1番人気ソウルスターリングは8着に敗れた。

 陣営のメラメラ燃える執念に応え、リアルスティールが鮮やかな復活劇を演じた。序盤は5頭が密集する先行グループから、距離を置いた中団で折り合いに専念。直線半ば、外からサトノアラジンが来たのを見てゴーサイン。鞍上の完璧なリードがキラリと光った。

 M・デムーロは昨秋の天皇賞2着以来、2回目のコンビ。2週前の追い切りに騎乗し、はっきりと違いを感じていた。「去年とは状態が全然違った。掛かる馬だが、きょうは落ち着いていて道中の手応えも楽。G1のようなメンバーで、きれいな勝ち方ができたね」と相棒をたたえた。

 春はドバイターフ・UAE・G1連覇を目指したが、外傷性鼻出血で断念。矢作師は「砂嵐で粘膜が傷ついたもの。肺出血と違い、本当は使えたんです。安田記念も考えたが、春は今ひとつしっくりこなかった」と振り返ったが、「(今回は)状態がすごく良く自信はあった。このメンバーで勝ったのは価値がある」。これまでのモヤモヤを晴らし、すがすがしい表情だ。

 注目の今後だが、もちろん天皇賞・秋が最有力。鞍上も「ずっと乗りたい馬」とほれ込むが、自身は宝塚記念Vのサトノクラウンもいる。もう一つの選択肢が米国ブリーダーズCマイルだ。指揮官は「今年は西海岸のデルマーで、欧州馬は遠征が大変。賞金も魅力だし、天皇賞・秋より勝つ可能性は高いと思うが、いろんな意味で無事な馬ではない。様子を見つつ、鞍上を含めてオーナーサイドと相談します」と慎重に話した。しばらくうれしい悩みが続く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す