スマートフォン版へ

秋華賞ダイジェスト/勝ちタイムは2分0秒2(重)

  • 2017年10月15日(日) 17時54分
2017年 秋華賞(GI・京都芝2000m/天気:雨/馬場:重/18頭立て)

 13番リカビトスがスタートで出遅れ。7番リスグラシュー、9番ハローユニコーン、14番ディアドラ、15番ヴゼットジョリー辺りも今一つ。前は8番カワキタエンカがダッシュ良くハナを切り、これに16番ファンディーナ、1番アエロリットと続く形。

 1コーナーを回って、カワキタエンカのリードは1馬身半。アエロリットファンディーナが並んで2番手。2馬身開いて5番ブラックスビーチ、1馬身差で4番モズカッチャンと12番レーヌミノル、直後に6番メイショウオワラ、さらに1馬身差で2番ラビットランと10番タガノヴェローナが並ぶ。2馬身開いてリスグラシュー、1馬身差の外に11番ミリッサ、1馬身半差で3番ブラックオニキス、17番ポールヴァンドル、18番カリビアンゴールドらが一団、その後ろにディアドラが続く。2馬身開いてハローユニコーン、その外にリカビトスが続き、さらに1馬身後ろの最後方がヴゼットジョリーとなった。

 1000mの通過タイムは59.1秒。3コーナーに入ってモズカッチャンが進出を開始。4コーナーで2番手までポジションを上げた。リスグラシューも外を回って先団に取りついた。ファンディーナは早くも一杯になっている様子。

 最後の直線に入り、モズカッチャンカワキタエンカを捕らえにかかる。この2頭の間にいたアエロリットは伸びあぐねており、替わってリスグラシューが外から脚を伸ばしてきた。4コーナーで内にいたディアドラリスグラシューの後ろに出して追撃態勢に。残り200mを切ってモズカッチャンが先頭に躍り出たが、外からリスグラシューディアドラが迫る。最後はゴール前でディアドラが突き抜けて優勝。3連勝でGI制覇を果たし、父ハービンジャーに初のGIタイトルをもたらした。

 1.1/4馬身差の2着はリスグラシューモズカッチャンの際どい争いとなったが、リスグラシューに軍配が上がった。ハナ差でモズカッチャンが3着。アエロリットは7着、ファンディーナは13着だった。勝ちタイムは2分0秒2(重)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す