スマートフォン版へ

シックスセンス、現役引退で種牡馬入り

  • 2006年03月31日(金) 16時00分
 31日、今年の京都記念(GII)を制し、その後に右前浅屈腱炎を発症して休養していたシックスセンス(牡4、栗東・長浜博之厩舎)が競走馬登録を抹消し、現役を引退することが発表された。今後は社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 シックスセンスは、父サンデーサイレンス母デインスカヤ(その父デインヒル)という血統。05年皐月賞日本ダービー菊花賞(いずれもGI)で2、3、4着と好走し、香港ヴァーズ(香G1)でも2着と好走。前走の京都記念で重賞初勝利を飾ったが、このレースが現役最後のレースとなった。通算成績は14戦2勝(海外1戦0勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す