スマートフォン版へ

不良馬場、出遅れも何のその! キタサンブラックが春秋連覇達成!/天皇賞・秋

  • 2017年10月29日(日) 17時30分
 29日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)は、スタートで遅れ中団からの競馬となった武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)が、3〜4コーナーで内を通って進出。直線入り口で先頭に立って、懸命に差を詰めてくる2番人気サトノクラウン(牡5、美浦・堀宣行厩舎)をクビ差振り切って優勝した。勝ちタイムは2分8秒3(不良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に13番人気レインボーライン(牡4、栗東・浅見秀一厩舎)が入った。なお、3番人気リアルスティール(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)はレインボーラインから5馬身差の4着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド母シュガーハートその父サクラバクシンオーという血統。春の宝塚記念ではまさかの9着に敗れたが、秋初戦のここで改めて現役最強を証明し、史上5頭目となる同一年の天皇賞春秋連覇を達成した。GIはこれで6勝目。引退まではあと2戦(ジャパンC有馬記念)、もし2つとも勝てばJRA・GI最多勝記録も達成することになる。

武豊騎手のコメント】
 ハラハラさせてすいません(笑)。馬の気持ちが入りすぎていたので、まずいなとは思ったんですが、扉に突進して下がった時に開いてしまいました。いつもと違うスタートだったので、それならそれでそういうレースをしようと思っていました。

 道中内を走っていてもそれほど苦にしなかったので、腹をくくって4角内を突きました。これで負けたら馬場のせいにしようと(笑)。反応が良すぎてあっさり先頭に立ってしまったので、少し馬が戸惑うところもありましたが、力のある馬なので、しっかりと押し切ってくれました。

 この馬にとってのラストシーズンですので、まずは初戦で結果を出せて本当に良かったです。あと2戦、勝ち続けたいと思いますので応援してください。

【勝ち馬プロフィール】
キタサンブラック(牡5)
騎手:武豊
厩舎:栗東・清水久詞
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:大野商事
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:18戦11勝(重賞9勝)
主な勝ち鞍:2016年ジャパンC(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す