スマートフォン版へ

地方馬初の砂女王! 大井のララベルが叩き合いを制す!/JBCレディスクラシック

  • 2017年11月03日(金) 15時49分
 3日、大井競馬場で行われた第7回JBCレディスクラシック(GI・3歳上・牝・ダ1800m・1着賞金4100万円)は、3番手でレースを進めた真島大輔騎手騎乗の5番人気ララベル(牝5、大井・荒山勝徳厩舎)が、直線で逃げた4番人気プリンシアコメータ(牝4、美浦・矢野英一厩舎)と叩き合い、最後にこれをアタマ差下して優勝した。勝ちタイムは1分54秒2(重)。

 さらに3/4馬身差の3着に8番人気ラインハート(牝6、大井・月岡健二厩舎)が入った。なお、3番人気ワンミリオンス(牝4、栗東・小崎憲厩舎)は4着、2番人気アンジュデジール(牝3、栗東・昆貢厩舎)は5着に終わった。

 また、本レース3連覇のかかっていた1番人気ホワイトフーガ(牝5、美浦・高木登厩舎)は11着だった。

 勝ったララベルは、父ゴールドアリュール母ブリージーウッズその父ティンバーカントリーという血統。最後の直線で審議対象(※)にはなってしまったが、叩き合いを見事に制して、地方所属馬初のJBCレディスクラシック制覇を果たした。

※直線でプリンシアコメータの進路が狭くなったことについて審議が行われた。

【勝ち馬プロフィール】
ララベル(牝5)
騎手:真島大輔
厩舎:大井・荒山勝徳
父:ゴールドアリュール
母:ブリージーウッズ
母父:ティンバーカントリー
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム
通算成績:17戦8勝(地方重賞6勝)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す