スマートフォン版へ

【AR共和国杯】スワーヴリチャード古馬一蹴V 堂々秋のG1戦線へ!

  • 2017年11月06日(月) 07時01分
 「アルゼンチン共和国杯・G2」(5日、東京)

 これぞダービー2着馬の底力だ。1番人気のスワーヴリチャードが、直線内から力強く伸び、後続に2馬身半差つけて快勝した。次戦については未定ながら、同じ府中のジャパンC(26日・東京)が楽しみになる好内容。今後の動向に注目が集まりそうだ。7番人気のソールインパクトが2着。3番人気のセダブリランテスが3着に入った。

 さらなる高みへつながる道を、栗毛の3歳馬が力強く駆け抜けた。ダービー2着以来のぶっつけ、初の古馬相手。二つの難題を、スワーヴリチャードが軽々と解いてみせた。

 道中は中団の内で折り合いに専念。ラスト2Fから追いだすと、先行した2頭の間を割り、ノーステッキで先頭へ。最後は手綱を緩める余裕を見せながらゴールに飛び込み、97年タイキエルドラド以来20年ぶりの3歳Vを果たした。

 M・デムーロは、この勝利で自身のJRA年間150勝に到達。「メチャメチャ強い。ずっと落ち着いていて、直線に向いた時は抜群の手応え。負けないと思った」と得意げに胸を張る。「素晴らしい能力を感じたので、自信を持って乗りました。3歳馬でこの勝ち方ができるのだからすごい」と絶賛の嵐だ。

 勝ちっぷりに目を細めたのは庄野師。「休み明け、古馬相手は未知数でしたが、馬の力を信じてやってきました。キ甲が抜け、春より馬体も大人っぽくなった」。3日にはニシケンモノノフJBCスプリントを制覇。二重の喜びを味わった。

 今後については「様子を見て」と慎重だが、アルゼンチン共和国杯ジャパンCを連勝した08年スクリーンヒーローの例もある。「G1タイトルを獲らせたい」と意気込む師が、同じ左回りの舞台を強く意識しているのは明らかだろう。

 14年のセレクトセールで1億5500万円(税抜き)の高値をつけた期待馬。圧巻の勝ちっぷりで、陣営の夢は限りなく膨らんだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す