スマートフォン版へ

【南関東競馬】野崎元騎手と福島調教師、ロジータの献花台訪れ冥福祈る

  • 2017年11月09日(木) 06時03分
 「デイリー盃ロジータ記念・S1」(8日、川崎)

 ロジータの現役時代15戦全ての手綱を取った野崎武司元騎手と福島秀夫調教師(管理していた福島幸三郎調教師の二男)が、献花台を訪れ冥福を祈った。

 野崎元騎手は訃報に接し「毎年会いに行っていたので、驚いた感じではなかった。本当に素直で賢い馬。プロの乗り役はこういうものだと教えてもらった」と感慨深げに語っていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す