スマートフォン版へ

瀬戸口元調教師が死去 オグリ、ネオユニ、サムソンなど手掛ける

  • 2017年11月10日(金) 11時00分
 オグリキャップなどの名馬を育てた瀬戸口勉元調教師が9日、急性白血病のため死去した。81歳。通夜・葬儀は親族のみで営まれ、後日お別れ会が設けられる。

 59年に騎手デビューし、63年桜花賞ミスマサコ)でG1初勝利。73年には調教師免許を取得して騎手を引退。75年に開業し、07年2月末に定年となり引退した。

 地方の笠松競馬から移籍したオグリキャップを手掛け、88、90年有馬記念を制覇。03年ネオユニヴァース、06年メイショウサムソンで、皐月賞ダービーの2冠を制している。また、05年にラインクラフト桜花賞NHKマイルの変則2冠を達成。中山大障害を99年ゴッドスピード、06年マルカラスカルで制すなど、平地、障害を合わせてG1は15勝を挙げた。JRA通算8155戦864勝(うち重賞51勝)。

 ラインクラフトとコンビを組んだ福永祐一騎手は「家族にみとられながら、苦しむことなく逝ったと聞いています。(福永の師)北橋修二先生の盟友ということで、自分も多くの騎乗馬に乗せてもらいました。恩返しができないまま亡くなられたので、何かしてあげられなかったのか、自責の念に堪えられません」とコメントを寄せた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す